top of page
  • 日光門前に暮らす

3年目の門前日誌は...


高橋広野です.ゆるりゆるりととりあえずではじめてみた門前日誌が,いつの間にか3年目を迎えていました.始めた当初にはまだ移住は実現しておらず,研究のことやらを書き溜めていこうかと思っていましたが,あっという間に移住して,今では移住者日記的になりつつあります….特にこれといった決まりはなく,書き手の思いのままに“日光の門前町”にどこか通じる内容をつらつらと書き記して,今では140本以上の記事が上がってきました.


冊子も2巻目をようやく発行し,配布し始めています.第弍巻では“くらしのあと”というインタビュー記事もはじまり,いまのところ冊子版のみの掲載となっています.のちほどnoteにもあがるかも?あがらないかも?



そんなこんなとしているうちに,ぬるっと3年目を迎えていた門前日誌.最近はちょっとずつ読者の声が届き始めていて大変ありがたく思います.

さて,とはいえ3年目….だらだら気ままにやっているのもそれもそれでいいですが,もうちょっとしっかりと動き方を決めていきたいなと思う今日この頃.書き手ももっと増やしていきたいし,いろんな人のインタビュー記事ももっともっと増やしていきたい.

第壱巻の頭にはこう書いていた

これはまだ何も知らない「ひよっこ」の、未だ見ぬ日光門前を探す、大冒険の記録でもあります。日々の気づきを発信し、新しい気づきがまた生まれるように。先人たちの蓄積を学び、吸収し、また次の世代に伝え残していきたいと思います。 そんな日光門前での暮らしの大航海を、一緒に楽しんで頂けたら幸いです。

写真やイラストも交えてあるとはいえ,テキストが主体の門前日誌.書いて思考して伝えて聞いて….まだまだ知らないことばかりの日光門前をもっともっと自由に泳いでいきたい.

とりあえず冊子読んでみたい方がいましたら連絡いただければ送ります!

Comments


©KoyaTAKAHASHI

bottom of page