top of page
  • 日光門前に暮らす

長崎と日光


たまには〇〇と日光シリーズの続編。今回は長崎と日光と。

初めての九州で、初めての長崎に訪れました。初日には出島とグラバー園を見学。グラバーといえば、日光のあの場所。

「長崎グラバー邸」で有名なトーマス・グラバーは、奥日光に別荘を建て、湖や川で釣りを堪能していたそう。グラバーの死後は、この別荘は「東京アングリング・エンド・カンツリー倶楽部」の創設者ハンス・ハンターに引き継がれ、クラブハウスとして使用されていました。  1940年(昭和15年)に、このクラブハウスは焼失しましたが、現在は西六番園地として、当時の暖炉と煙突がそのまま残っています。


Comments


©KoyaTAKAHASHI

bottom of page